本文へスキップ

特定非営利活動法人 乙訓障害者事業協会は、みなさまが笑顔になれるためのお手伝いをさせていただきます。モバイル(携帯)サイトは、こちらから

電話でのお問い合わせはTEL.075-952-2800

〒617-0826 京都府長岡京市開田1-5-5

shop info店舗情報

特定非営利活動法人 乙訓障害者事業協会

〒617-0826
京都府長岡京市開田1-5-5 2階
TEL.075-952-2800
FAX.075-874-6260

shop info店舗情報

就労継続支援A型事業所
オープンラウンジ カフェ エポカ

〒617-0833
京都府長岡京市神足2-3-1 バンビオ1番館1階
TEL.075-963-5520
FAX.075-963-5520

shop info店舗情報

就労継続支援B型事業所
バスハウス

〒617-0826
京都府長岡京市開田1-5-5 2階
TEL.075-748-9182
FAX.075-748-9183

shop info店舗情報

長岡京市立神足ふれあい町家

〒617-0833
京都府長岡京市神足2-13-10
TEL.075-951-5175
FAX.075-202-9239

shop info店舗情報

くらしと仕事のサポートステーション
乙訓もも

〒617-0843
京都府長岡京市友岡1-20-5
TEL.075-952-2800
FAX.075-874-6260

shop info店舗情報

とうふ販売
カフェ エポカ販売所

〒617-0843
京都府長岡京市友岡1-20-5
TEL.075-952-2800
FAX.075-874-6260

就労継続支援B型事業所 バスハウスbushouse

トップ > バスハウス

このサイトは、リンクフリーです。







総合カタログ 作業の模様 メンバー&  スタッフ の声101歩の希望


『バスハウス』の紹介

バザーなどのご案内
  • ほっこりんぐ
     平成26年(2014年)2月7日(金)10:00〜14:30
     長岡京市役所南棟1階玄関ロビー
      ほっこりんぐ公式サイトは、こちらです。 
  • 京家連 文化交流の集い
     平成26年(2014年)2月14日(金)10:00〜15:30
     ガレリア亀岡 
開所時間
月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
作業時間
  • 月曜日〜金曜日 9:45〜15:15 のうち、午前・午後ともに各2時間です。
  • 1日の作業時間は、最大で4時間です。
タイムスケジュール
  • 開所 9:00
  • 朝礼 9:30〜9:45
  • 午前の作業 9:45〜12:00(15分休憩:10:45〜11:00)
  • 昼食・休憩 12:00〜13:00
  • 午後の作業 13:00〜15:15(15分休憩:14:00〜14:15)
名前の由来
「つなぐ」を意味するパソコン用語の「バス」。
われわれは、「人と人をつなぎたい」という願いを込めて、当事業所を『バスハウス』と名付けました。
まさしく『バスハウス』の名前の由来通り、人と人・地域をつなぐ事業所として、今後もご利用者さん、スタッフ、ボランティアさんが共に同じ目標に向かって、地域に支えられながら毎日をつみかさね、充実した1日が過ごせる居場所としての『バスハウス』を応援していただければうれしいです。



『バスハウス』で作っている、ほっとはあと製品(セット)

竹製品
夫婦箸(櫛あり) 800円(24cmと23cmの箸各1本と箸置き2組)
ぬいもの&編物
刺繍ふきん&アクリルたわし 650円
アクリルたわしボーダー柄&ワンポイント刺繍ふきん 730円
ぬいもの
刺繍ふきん3枚セット 1,000円


『バスハウス』で作っている、ほっとはあと(竹材)

※表記のサイズは、多少変わることがある点をあらかじめご了承ください。
靴べら
  • 大(80cm)2,000円
  • 中(60cm)1,500円
  • 小(40cm)1,000円
たけのこ型靴べら
800円
横着棒
65cm 1,000円
まごの手
50cm 500円
竹箸 (櫛あり)
24cm 350円
箸置き
80円
ペーパーナイフ
300円・400円・500円・600円・700円


『バスハウス』で作っている、ほっとはあと製品(手縫いの縫物・あみもの)

※表記のサイズは、多少変わることがある点をあらかじめご了承ください。
ワンポイント刺繍ふきん
34cm×40cm(二重仕立て) 420円
刺繍ふきん
41cm×34cm 350円
アクリルたわし
13.5cm×8.5cm 315円
平編みタワシ
150円
いちごタワシ
150円
委託販売先(ふきん)
京都府大山崎町のレリッシュさん


『バスハウス』で手作りをしている竹ピン

活用されている場所
染色工場における染物(反物)の漂白連続処理工程です。
使われ方
染物(反物)の左右の端がよじれるのを防ぐため、750mのローラー(機械)で、染物の両端(2m幅)に縦50cm間隔で1本ずつ取り付けます。
竹ピンが使われる理由
漂白剤でピンが溶けたとしても、原材料が竹であるため、染物の繊維に悪影響を及ぼさないからです。

『バスハウス』の詳細情報

事業者名称
特定非営利活動法人 乙訓障害者事業協会
施設名称
就労継続支援B型事業所 バスハウス
事業内容
  • 福祉サービス事業
  • 就労継続支援B型事業所
施設所在地
〒617-0826 京都府長岡京市開田1丁目5-5 2階
連絡先
TEL(075)748-9182 FAX(075)748-9183
E-mail
otujikyo_bushouse@abeam.ocn.ne.jp
支援内容
竹材・小物の製作および販売に関する技能習得を通して、日常生活の向上を図り、一般就労に向けての訓練・支援を行う。
定員
10名
開所年月日
平成23年(2011年)4月1日